パート薬剤師としての就転職に、学歴がどう影響するのでしょうか

薬剤師パート > パート薬剤師の学歴はどの程度影響がある?

パート薬剤師の学歴はどの程度影響がある?

薬剤師として出身の大学が転職にどの程度影響があるのかについてです。 転職や就職先で、どの職場を希望するかにもよってきます。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

調剤薬局などであれば、あまり大学の知名度で歴史の長い、もしくは一流や有名校と呼ばれている大学を出ている必要はありません。 薬学部という学部はどこも一定のレベルがあり、薬剤師資格は国家試験を合格して取れるものなので、大学の知名度は他の職種に比べると影響度は低いと言えるでしょう。

ただし、大手の製薬会社や医療メーカーなどに入ろうとすると話は違ってきて、一流や有名大学の薬学部卒業の方が有利になります。 これは大手だと、同じ能力を持っているなら有名大学で厳しい受験を乗り越えてきた人の方が優秀な可能性が高いという考えを持つ方が多いからと考えられます。

実際の所、有名大学を卒業していなくても優秀な方はいますが、大手の企業は一度に多くの人材を採用するため、分かりやすい指標として大学の知名度を基準にしていると思われます。 大学の薬学部を卒業して大手企業へという道筋を描いている方は、大学の知名度もやはり意識した方が良いでしょう。

極端な例で挙げれば、厚生労働省は国家公務員の中でも非常に就職が難しく、薬剤師の仕事も学歴がやはり大きく影響します。 逆に、最近設立された大学の薬学部は色々な企業と協力している大学も多く、協力企業への就職は有利になりやすいという事実もあります。

私立の大学は就職の支援が手厚いので、上手く活用する事で、比較的楽に就職活動を乗り切る事もできます。 このあたりは大学によって異なってくるので、具体的に卒業後の将来を描いている方はチェックしておくと良いです。

大学の知名度の転職や就職への影響はこのように確かにありますが、最終的には今後の自分の頑張りで取り戻せるチャンスは多くありますし、受験で失敗していたとしても希望の年収に達する事も可能です。 大学だけにとらわれず、しっかりスキルを磨いていく事が大切です。