薬剤師が理想とする年収1000万を達成できる就職先は?

薬剤師パート > 薬剤師が年収1000万を狙うには

薬剤師として年収1000万を狙うには

理想の年収はという質問の答として多く挙げられるのが年収1000万。 なかなか届きそうで届かない収入ですよね。 薬剤師は年収1000万が見えなくはない職種です。 ただし普通の仕事内容ではやはり届きません。 どういった仕事だと狙えるかについてお伝えしていきます。

まず薬剤師の中でも最も狙いやすいとされるのがMR。 MRは以前と最近で仕事内容が異なります。 以前は製薬会社の営業の仕事。 自社の医薬品の取り扱いを広げられるように病院に営業活動をするという内容です。

最近は医薬品の情報担当として、病院の医師などに副作用などがないかのデータを集める仕事となっています。 以前は営業成績が良ければ年収1000万は見えやすく、現在は少し内容が違っていますが、給与は高水準になりやすいです。

次に製薬会社での研究職。 大手での勤務になるとかなり高待遇です。 30歳中後半から40歳にかけてにはなりますが、800万前後、高い場合は1000万となります。

研究職の仕事は特に薬剤師の専門性をしっかりと生かしながら高い収入が得られるため、希望する人も多く、人気も高いです。 実績を積み重ねていけば早い段階での高待遇の可能性もあります。

最後に大手のドラッグストア。 調剤薬局併設のストアで薬剤師としての業務もこなしつつ、ストアのサービス業的な側面もあります。 また、転勤などもあるため、収入としては高めになっています。

こちらも複数のストアを統括して見ていくマネージャー職になると研究職と同レベル、800~1000万のレベルになれる可能性が高くなります。 また、研究職よりも比較的若めの年齢でも狙える可能性があります。

年収1000万円はもちろん憧れの収入である方が多いですが、仕事内容もそれに見合った内容をこなす必要がありますし、責任も大きくなります。 自分のスキルがどの程度のレベルなのかを振り返って、目標までどれくらいなのかをしっかり見据えて仕事をしていきましょう。